ブライズメイドの男性版 グルームズマン(アッシャー)の役割とは?

こんにちは!えみです。

今日は、グルームズマンについて紹介します。

 


グルームズマン(アッシャー)の役割


ひとことでいうと、ブライズメイドの男性版です!

groom

 

中世ヨーロッパで、新郎の幸せをねたむ悪魔から新郎を守るために、兄弟や友人たちが新郎と同じような服装で悪魔を惑わせた伝統がはじまりです。

ブライズメイドと同じように欧米ではとってもポピュラーで、前祝いのバチェラーパーティーを企画したり結婚式のお手伝いをしたり。式ではバージンロードの準備もやります。

またその呼称について、日本では「アッシャー」と呼ばれることも多いですが、欧米でアッシャーというとサービスの方をさします。グルームズマンと呼んだ方が正式です。

 


グルームズマン(アッシャー)の服装


グルームズマンの服装は、新郎の服装にあわせてタキシードやスーツなど。みんなで、ネクタイの色やくつをあわせたり、くつしたをカラーコーデしたりします。

見えないところのおしゃれ☆なんだかちょっとわくわくして、それだけで友だちとのつながりがつよくなった感じがしますね。

groomsmen

 

 


日本の結婚式におけるグルームズマン


じつは、日本の結婚式では、

・ブライズメイドはいてもグルームズマンはいない

・ブライズメイドの人数よりもグルームズマンの人数の方が少ない

ということがあります。

 

都内有名式場のスタッフさんによると、「日本の男性はシャイな方がおおいいから♡」とのことです。ただ、だんだんとグルームズマンの知名度もあがってきているので、ふえていく傾向にあるそうです。

 

 

人生の大切なセレモニーである結婚式に、お友だちとしあわせな思い出をつくれるのがブライズメイドやグルームズマンだと思います。ぜひ結婚式の演出に取り入れてみてください。素敵な思い出ができるはずです。

関連記事

Comment





Comment