amika♡ブライズメイドドレス撮影

こんにちは!ブライズメイドドレスのamikaショップスタッフの朝日です。

今日は、先日行ったamikaのオンラインショップのための撮影の一コマをご紹介します。

bridesmaid-model-floralcrown

 


ブライズメイドドレスの撮影


当日は限られた時間の中、都内近郊撮影場所においてすばやく、でもかわいく♡撮影が行われました。

ヘアメイクさんはまさにプロフェッショナル!でした。
もともと美しいモデルさんが、メイクでさらに美しくなっていき、ヘアレンジでガラリとふんいきがかわっていくのを見るとまるで魔法のよう♡
参考にしたい!と作業しながら一生懸命みましたが、う~ん、やっぱりちゃんと勉強しないと無理かも?という結論に…。ちょっと目をはなして作業をしている間にどんどんメイクがすすんで、追いつけない感じでした。

bridesmaid-model

 


ブライズメイドドレスの仕立て


ベアトップタイプのドレスやワンピースを着た時に、胸もとがパカパカする?!という残念な思いをしたことがある方も多いはず。
日本人女性は胸囲が小さめの方が多いので、輸入ものがおおいブライズメイドドレスでは、とくに胸もとパカパカ(笑)が問題になる場合がおおいのです。

写真を見ていただければわかると思いますが、amikaのブライズメイドドレスは胸もとがぴったり!です。

bridesmaid-dress-mint

私もサイズ確認のため何着か試着したので、これだけは断言できます。

「安心してください!胸もとぴったりです!」
しかも、胸もとがズレるかも?という不安さえよぎりませんでした。

これは、amikaのブライズメイドドレスが日本人のサイズに合わせてつくられているからです。
さらに言うと、立体裁断の上、胸のカップの両サイドに芯が入っているためです。もちろん、ハートカットのふちにそって滑りどめもついています。
ハートカットのベアトップタイプのドレスでは、カップと滑りどめしかついてないドレスも多いですが、これだと胸もとパカパカ問題は解決されません!見えないところですが、ドレスの中のつくりがポイントなのです。

また、自分の胸囲にぴったりドレスを合わせられるということも大切です。
この点も、amikaのドレスは後ろがレースアップになっているので、ぴったり自分の胸に合わせることができます。しかも、サイドにジッパーがあるので、着たり・脱いだりが楽ちん。

 


amikaのブライズメイドドレスのバリエーション


6種類のブライズメイドドレスのさまざまなコーディネート違いをいくつも撮影しました。
ドレスの種類は6種類ですが、カラーバリエーションは多いもので5種類。チュールをスカートの中につけてふんわりさせたり、逆にスカートの外につけてふんいきをふんわりさせたり。
ドレスそのものがホルターネックやワンショルダーなどにアレンジ可能なものもありますが、かわいいジャケットがついているものは、ジャケットの前後ろを逆にして着ることもできるので、そこでふんいきがガラリとかわったりします。

その他、カーディガンをプラスしたちょっとカジュアルなコーディネートや、ヘアアレンジやアクセサリーをかえたものなど、書ききれないほど撮影しました。
もちろん、販売予定のオリジナルアクセサリーなど小物の撮影もしましたよ。

 

 

モデルのみきちゃんは、見えないところにもこだわったamikaのドレスを気に入ってくれたようです。
自分が結婚式を挙げる時には、仲良しの妹さんにamikaのブライズメイドドレスを着て、メイドオブオナー(ブライズメイドのまとめ役)をやってもらいたい!と楽しそうに話してくれました。

今後も、amikaのオリジナルドレスを紹介していきますので、ぜひお楽しみに♡
12月1日プレOPEN予定のamikaオンラインショップも着々と準備しています。みなさんにかわいいブライズメイドドレスをお届けできるまであともうちょっと!がんばります。

 

関連記事

Comment





Comment