ブライズメイドドレスのamikaが大切にしている3つのこだわり

こんにちは!ブライズメイドドレスのamikaショップスタッフの朝日です。

今回は前回の「ブライズメイドドレスのamika♡コンセプト」のつづきです。
自分らしい結婚式がやりたい!絆を大切にする結婚式にしたい!そんな新郎・新婦さん、ブライズメイドさんに、「これこそ自分スタイル♡」と思っていただけるようなブライズメイドドレスをお届けしたい!そのために、amikaが大切にしている3つのことをご紹介します。

dress-mint-back

 


ブライズメイドをもっと身近に♡


日本ではこれまであまり知られていなかったブライズメイドですが、どんどん人気がでてきていますね。ゼクシィなどの結婚情報誌の広告写真でも花嫁さんの隣には、お揃いドレスの女の子たちが定番になってきました。
結婚式の準備のときから大切なお友だちにかかわってもらうことで、スペシャルな思い出を共有できる最高の習慣です!ブライズメイド婚をすることで、これから家族が増えてお友だちとの関係に変化が訪れても、ずーっと絆を太く、長くできるきっかけをもらえます。ほんとうに素敵なことですよね。

そんなブライズメイドをもっと身近に楽しんでいただくために、amikaのドレスは簡単・便利なレンタルでお届けします!

ドレスはおうちまでお届けし、返却のときは送られてきたそのままの状態で同封の着払伝票で送るだけ!シフォンやサテンのパーティードレスはメンテや保管が大変ですが、amikaは専門のドレスクリーニング業者にクリーニングをお願いしているので、クリーニングの必要もありません。
しかも、ドレスを気に入った方のためには、販売のサービスもご用意しています。

 


デザインへのこだわり♡


amikaのデザイナーは長い間パリジェンヌたちにむけてウェディングドレスをデザインしてきました。amikaブランドでは日本人女性のかわいいにフォーカスしながらも、ヨーロッパ風のエレガンスを取りいれたドレスをデザインしていきます。

ブライズメイドさんの数だけ、それぞれの「自分スタイル♡」がある!
そのために別々のデザインでも統一感のあるコーディネートができるように工夫してあります。自分のお友だちを見回してみても、ナイスバディな子、ぽっちゃりがかわいい子、背が低い子などいろいろなスタイルがあります。amikaのオンラインショップの各ブライズメイドドレスの紹介ページの素材名(シフォンとか、サテンとか)をチェックしてみてください。素材名が同じドレスは統一した生地を使っています。こうすることで、花嫁さんのお友達ひとりひとりに合わせて、自分スタイルのドレスを選んでいただけるように工夫しているんです☆

同じデザインのドレスでパステルカラーのミスマッチコーディネートをしたり。ちがう素材のドレスをカラーで合わせたり。別々のデザインのドレスを同じ素材でミックスしたり。コーディネートの楽しみ方は無限大です。

 


サイズへのこだわり♡


「輸入のブライズメイドドレスだとサイズがあうか不安…。」
そんなブライズメイドさんのお話をよく聞きます。そのためamikaのドレスはすべて日本仕様のサイズで縫製しています。立体裁断の上、ハートカップタイプのドレスの場合は胸のカップの両サイドに芯が入っています。もちろん、ハートカットのふちにそって滑りどめもついています。さらに、大部分のドレスは後ろがレースアップになっているので、自分のサイズにぴったり合わせて着ることができます。
細かい部分にこだわることで、着心地よく特別な日を迎えていただきたい!という私たちの思いがつまってます。

amikaのブライズメイドドレスがサイズや仕立てについては、「amika♡ブライズメイドドレス撮影」でもこまかくご紹介していますのでぜひご覧ください。

 

 

2回にわたってamikaのコンセプトについて紹介してきました。
amikaはまだ生まれたばかりのブランドですが、みなさんにいつも「かわいい♡」とか、「べんり!」そしてドレスを着ていただいて「感動体験♡」をお届けするブランドでありたいと思っています。

関連記事

Comment





Comment