花嫁さんとブライズメイド、美しく写真に写るためにはずせない3つのポイント

こんにちは。ブライズメイドドレスamikaオーナーの谷中(やなか)です。

前回の記事でご紹介しましたが、amikaでは新商品”ブライズメイドフォトプラン”をスタートしました。新郎・新婦さんやブライズメイドさんだけでなく、結婚式はゲストの方々も写真に撮られることが多いと思います。また、スマホでみんなで写真を撮って、Instagramにアップ!なんていうことも日常的にあるのではないでしょうか。

ブライズメイドドレスのレンタル・通販ショップを始めて、よく話題にのぼることの1つに「写真写り」の問題があります。私自身もそうですが、みなさん、「素敵なドレスを着てばっちり写真を撮ったはずなのに、なんだか写真写りがいまひとつ…」ということはありませんか?特に、普段着ないブライズメイドドレスやパーティードレスを着た時に、「あれ?」っていうことがあると思います。

今回は、そんな女性なら誰しもが気になる写真写りを良くする姿勢のポイントを3つにしぼってご紹介します。

ストレッチをする女性

 

 


ポイント1:胸を張る


ドレスは女性が正しい姿勢の状態で美しく見えるようにデザインされています。なので、猫背になってしまうと美しく見えなくなってしまうのは当然です。しかも、猫背になると首が短く見えてしまい、スラッとした洗練されたイメージからはさらに遠くなってしまいます。

結婚式と披露宴、2次会までずーっと気を抜かず姿勢を保つのは大変だと思いますが、せめて気づいた時や写真撮影の時は、しっかり胸を張ってまっすぐ立つようにしましょう。内側に入ってしまっている肩を肩甲骨をしめて外に出す感じで姿勢を正します。

その上で体を正面に対して少し斜めにすればさらに美しく見えます。

 


ポイント2:足に注意を払う


上半身は綺麗に姿勢を正していても、足を開いていたりしたら台無しです。
写真を撮ってもらうときには足にもきちんと注意を払いましょう。特に、普段パンツスタイルが多い方は足を揃えることを忘れがち。ちょっとしたことでだいぶ印象が変わりますので、ぜひやってみてください。

でも、「どうしても足に注意がいかない…」というはロングドレスをチョイスしてみるのも1つの解決方法です。

 


ポイント3:手のポーズの秘策


手は前で軽く合わせるのが基本ですが、思わずピース!をしてしまったり、なかなか迷うものです。

そこで便利なのが、フォトプロップスやブライズメイドさんならブーケを持つことです。また、パーティーバックを持ったりしてもいいですね。とにかく、手ぶらじゃない方が綺麗にポーズをとりやすいです。みんなでちょっとしたポーズをとって写真におさまる、なんていうのも素敵かもしれません。

特に、シャイな方はフォトプロップスでポーズをとるのがおすすめです。

 

いかがでしたか?ドレスを着るなど特別な時は写真を撮る機会も多いと思います。せっかくの機会ですから、より美しく思い出に残せたらうれしいですよね。写真を撮るときの表情だけでなく、ぜひ、姿勢にも気をつけてみてください^^

 

*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・
ブライズメイドについてのちょっとしたご質問もお受けしています♡

ブライズメイドドレスのamika
URL: amika-dress.com
お問合せは
・メール amika@emina-inc.com
・電話 03-4405-8759
・LINE@ @hjg3180u  で検索
またはスマホから”友だち追加”をクリック!
友だち追加数
*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・

関連記事

Comment





Comment