憧れのロイヤルウェディング!ピッパ・ミドルトンのブライズメイド姿

こんにちは♡ブライズメイドドレスのamikaショップスタッフの朝日です。

最近は私のまわりでも、「今度ブライズメイドやるんだよ~。どのドレスがいいかな?」なんていうお友だちからの相談も増えています。そんな最近定着してきたブライズメイドですが、今回の記事では伝統的なブライズメイドをご紹介します。

そう!イギリス王室のロイヤルウェディングのブライズメイドです。

 


伝統的なブライズメイドとは?


2011年にウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式をテレビで見ていた私は、ブライズメイドが映っているのに気がつきませんでした。なぜなら、ブライズメイドの習慣はぼんやり知っていても、「ブライズメイドはパステルカラーのかわいいドレスをお揃いで着る」と思っていたから。
実際には「ブライズメイドの役割と費用」の記事でもご紹介した通り、伝統的には花嫁さんと一緒のドレスを身にまといます。つまり、色は白。また、1人からブライズメイドの役割はできるんです。

pippa-and-kate-royal-wedding

www.aol.com

キャサリン妃のなが~いトレーンをもっている美しい女性。こちらがブライズメイドのピッパ・ミドルトンさんです。そう!名前でお気づきかと思いますが、妹さんなんです。それにしても、2人とも白しか身につけていないのに、この美しさ!美しすぎる‼まるで絵画のような1枚ですね。

 


ソフトマーメイドのブライズメイドドレス


ピッパさんが着ていたのはソフトマーメイドラインのブライズメイドドレス。
ブライズメイドドレスではマーメイドラインのデザインはあまり見かけません。日本の結婚式でもあまり見かけないのではないでしょうか。

royal-pippa-3-way

www.telegraph.co.uk

 

理由は、着こなすのが難しい!の一言につきると思います。マーメイドラインが似合う体型は、

・背が高くてスラッとしている

・バスト-ウェスト-ヒップのラインにメリハリがある

と、非常にハードルが高いものばかり?このデザインのドレスがこんなに似合ってるなんて、それだけでピッパさんの美しさが普通じゃないことがわかりますね。

 

 

ロイヤルウェディングは美しくて、キャサリン妃もピッパさんも、結婚式の様子も、見ているだけで幸せな気持ちになります。ピッパさんのブライズメイドドレス姿はほんとうに素敵です。でも、それはそれ。
もし自分がブライズメイドをやるとなったら、自分の体型にあったドレスを選びましょう。体にきちんとフィットしたブライズメイドドレスはそれだけで女性を何倍も美しく見せてくれます♡

amikaのブライズメイドドレスは、ベアトップタイプのものもズリ落ちたり、胸もとがパカパカしたりしないように作られています。日本の女性の体型にあったブライズメイドドレスを作っていくためにこれからもがんばります!
※詳しい仕立てについては「amika♡ブライズメイドドレス撮影」をご覧ください。

 

関連記事

Comment





Comment