ブライズメイドドレスのamika創業のきっかけ

ブライズメイドドレスamikaオーナーの谷中(やなか)です。先日amikaのオープンを祝して元同僚がホテルオークラでお食事会を開催してくれました!「和」なロビーにクラシックなツリーがキレイでした。

christmas tree

彼とは海外で一緒に会社を立ち上げた仲間です。私が日本で起業する意思を伝えたときに、誰よりも応援してくれたのも彼。やっとオープンを迎えて、嬉しさとともに、励ましを受けてこれから頑張らなくては、と思いを新たにしました。

今日は私がこのネットショップを立ち上げた想いについてみなさんにお伝えしたいと思います。

 


amikaを立ち上げたきっかけ


先ほど書いたように私はずっと海外でお仕事をしてきました。8年間の勤務を終えて日本に帰国して、お友だちの結婚式に参列したときのこと。そこで普段はとってもおしゃれな女の子たちが、みんなベージュや紺の地味なドレスを着ていることに気が付きました。海外ではみんな色とりどりのドレスを着てくるのがふつう。日本のお祝いの席では、なんでみんなもっと華やかに着かざらないんだろう???そんな疑問を持った私は、周りの女の子たちにヒアリングを開始しました。

20代の彼女たちの答えは・・・

「結婚式に参加するのもお金がかかるし、毎回ドレスは買えないので・・・」

「キレイな色のドレスを着ていると、次の結婚式で、また同じ服!?とばれてしまうし・・・」

「だから目立たない色のドレスを買って、小物を変えたりして着まわしているんです~涙」

はっとしました!私は27歳からずっと海外だったので、20代後半の結婚式ラッシュの時は日本におらず、ご祝儀貧乏は免れました。でもお友だちはみんな苦しんでいたっけ。みんな華やかに祝福したい気持ちは同じ。でもなかなか難しい状況もあるんだな、と実感した瞬間です。

ここから私の創業の想いは強くなっていきます。素敵なドレスを日本の女の子たちに手の届く価格でお届けできたら。そして海外のお友だちのようにドレスアップを楽しんでもらえたら。でも一口にドレスといってもいろんな種類があります。結婚式という素敵な場で、どんなふうにドレスアップを楽しんでもらうのがいいのか。そこで思いついたのが、欧米では一般的な「ブライズメイド」です。

かわいいし、華やかだし、何よりお友だちの幸せに寄りそって、祝福できる素敵な文化。この文化を日本に取り入れたい!こうして私のチャレンジが始まりました。そして冒頭の彼のように、たくさんの方がこのチャレンジを応援してくれるのが、とても嬉しいです。


かしこく自分らしいウエディングをしたい花嫁さんを応援したい♡


いまこれまでの伝統にとらわれずに自分らしい結婚式をあげたいというプレ花嫁さんが多くいらっしゃいます。そんな自由な結婚式を気軽に実現するためにamikaでは手の届きやすい価格でレンタルをお届けしたいと思っています。

実はスマ婚など工夫して自分らしい結婚式を挙げたい花嫁さんにも、ブライズメイドはおすすめなんです。お友だちのお揃いドレスで、お式がぐっと華やかに、そしてゴージャス見えますよ。

そんなとき、ブライズメイドさんの衣装選びは花嫁さんを引き立てる、仕立てのきれいなドレスを選ぶことが重要です。amikaの縫製はウェディングドレスの工房で行っていますので、クオリティはお任せください!特に気になる胸元のラインなど、美しく出る作りになっています。ぜひ一度お試しくださいね。

こちらはお知り合いからいただいたお花です↓ このほかにもたくさんの方々にお祝いいただいてしまいました。皆さまの期待に応えられるように素敵なサービスをお届けしていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^2651459-compressor

関連記事

Comment





Comment